fbpx

セントメアリーズ教会–ネゴンボ

説明

ネゴンボの中心部のグランドストリートにある聖マリア教会は、このバラ色のローマカトリック大聖堂は、スリランカで最も壮大な教会の1つです。
新古典主義様式で建てられた屋根にはさまざまな聖人のアラバスター像が飾られ、最上階の壁には宗教的な聖人の彫刻が飾られています。
1874年から1922年の間に建てられた聖マリア教会の建築と芸術は、植民地時代の結果として生まれたスリランカの芸術と建築にヨーロッパの技術が組み込まれたことの証です。

詳細を読む

歴史の旅: スリランカの初期カトリック

スリランカのカトリックの歴史は数世紀に遡り、発展、迫害、復活のさまざまな段階を経験してきました。ネゴンボの聖マリア教会の重要性を理解するには、スリランカにおけるカトリックの初期のルーツを理解することが不可欠です。

16世紀以前のスリランカのキリスト教

キリスト教の痕跡: スリランカの古代キリスト教徒コミュニティ

ヨーロッパの大国が到来する前から、スリランカにはすでに古代キリスト教徒のコミュニティがありました。歴史的証拠は、キリスト教が 16 世紀よりずっと前からこの国に存在していたことを示唆しています。

独立した空間: アヌラーダプラのキリスト教徒

古代都市アヌラーダプラは、スリランカの初期キリスト教徒にとって重要な中心地でした。キリスト教徒は都市の宗教的景観の中で独特の地位を占めていました。

ペルシアの影響: 5 世紀のキリスト教礼拝堂

5 世紀、スリランカにおけるペルシャの影響により、文化と宗教的実践の融合を示すキリスト教礼拝堂の建設が始まりました。

ポルトガル人の到来とキリスト教の普及

ポルトガル人との出会い:ロレンソ・デ・アルメイダと16世紀

16 世紀は、スリランカのカトリックの歴史において重要な転換点を迎えました。ロレンソ・デ・アルメイダ率いるポルトガル人の到着は、キリスト教の普及の舞台を整えました。

財団: コロンボのトレードステーションとチャペル

ポルトガル人はコロンボに貿易基地と礼拝堂を設立し、スリランカにおけるカトリックの成長の基礎を築きました。

最初のミサ: 聖ローレンスとスリランカにおけるカトリックの誕生

スリランカでポルトガル人によって祝われた最初のミサはセントローレンスで行われ、島でのカトリックの誕生を記念する重要な出来事となった。

その他の修道会: イエズス会、ドミニコ会、アウグスティヌス会

ポルトガル人とともに、イエズス会、ドミニコ会、アウグスティヌス会などの修道会も、カトリックの普及と宗教施設の設立において重要な役割を果たしました。

迫害とイギリスの統治

オランダ時代: カトリックの禁止と宗教弾圧

オランダ統治時代、カトリックは厳しい迫害にさらされ、オランダ当局はカトリックの実践を禁止しました。

強制移住: 安全を求めるカトリック教徒

カトリック教徒は強制移住に直面し、国内のさまざまな地域に避難し、迫害の中でも宗教的アイデンティティを維持しようと努めた。

信教の自由の回復:英国の影響と宣教活動

イギリス人の到来により、信教の自由は徐々に回復され、宣教活動はカトリックの復活に重要な役割を果たしました。

ニゴンボのカトリック

多様性のある都市: ネゴンボの宗教構成

スリランカの活気に満ちた都市ネゴンボは、多様な宗教構成で知られています。カトリックは市内の宗教コミュニティの中で重要な存在を占めています。

リトル・ローマ: ネゴンボの多数派ローマ・カトリック教徒

ネゴンボはローマ カトリック教徒が多数派であることから「小さなローマ」というあだ名が付けられており、この地域におけるカトリックの重要性が強調されています。

有名な教会: 聖セバスチャン教会、聖ステファン教会、聖アン教会

聖マリア教会以外にも、ネゴンボには聖セバスチャン教会、聖ステファン教会、聖アン教会など、いくつかの有名な教会があります。

多様性の受け入れ: 他宗派の存在

ネゴンボはカトリックが顕著ですが、他のキリスト教宗派も受け入れ、宗教の調和と多様性を育んでいます。

ネゴンボの聖マリア教会: 宗教的なランドマーク

中心部の場所: ネゴンボの中心部

ネゴンボの中心部に位置する聖マリア教会は中心的な位置を占めており、この地域のカトリック教徒の精神的な拠点として機能しています。

建築の素晴らしさ: 聖マリア教会の建設と設計

聖マリア教会の建設とデザインには、ヨーロッパの影響とスリランカの芸術性が融合しており、視覚的にも楽しいものとなっています。

文化の融合: ヨーロッパの影響とスリランカの芸術性

聖マリア教会は、ヨーロッパの建築要素とスリランカの伝統的な職人技との文化の融合を証明するものです。

献身の天井: アラバスター像と天井画

教会の内部は、宗教的なテーマを描いた精巧なアラバスター像や天井画で飾られており、訪問者の信仰心を呼び起こします。

規模と重要性: 大聖堂としての聖マリア教会

聖マリア教会は大聖堂として、カトリックコミュニティにおいて非常に重要な意味を持ち、宗教儀式と精神的指導の中心地としての役割を果たしています。

結論として、ネゴンボの聖マリア教会はスリランカにおけるカトリックの初期のルーツを象徴しています。これは、16 世紀以前のキリスト教から、オランダ統治時代に直面した課題、その後のイギリスの影響下での信教の自由の回復に至るまで、この島におけるカトリックの歴史的な歩みを表しています。中心部のロケーション、建築の素晴らしさ、文化的重要性により、セント メアリー教会は引き続き著名な宗教的ランドマークであり、訪問者をその豊かな歴史と精神的な雰囲気を体験するよう誘います。

よくある質問

  1. ネゴンボの聖マリア教会は何年前から建てられましたか?
    • ネゴンボの聖マリア教会には、数世紀に遡る豊かな歴史があります。スリランカのカトリックの初期に設立されました。
  2. カトリック教徒以外の人でも聖マリア教会を訪れることはできますか?
    • はい、聖マリア教会はあらゆる信仰の訪問者を歓迎します。その歴史的および文化的重要性を探索することに興味がある人なら誰でも参加できます。
  3. 教会に入るのに入場料はかかりますか?
    • いいえ、聖マリア教会に入るのに入場料はかかりません。無料で一般公開されています。
  4. 訪問者向けのガイド付きツアーは利用できますか?
    • はい、セント メアリー教会ではガイド付きツアーがよく開催されています。訪問者はこれらのツアーに参加して、教会の歴史、建築、宗教的重要性について詳しく学ぶことができます。
  5. 訪問者は聖マリア教会のミサやその他の宗教儀式に参加できますか?
    • はい、訪問者は聖マリア教会のミサやその他の宗教儀式に参加することができます。歴史的な環境の中でカトリックの信仰を体験するユニークな機会を提供します。

ビデオ

レビュー

レビューを送信する

レビューに返信する

リストレポートを送信

これは非公開であり、所有者と共有されることはありません。

レポートは正常に送信されました

予定

 

 / 

サインイン

メッセージを送る

私のお気に入り

申し込みフォーム

クレームビジネス

共有

カウンターヒット ザンガ