fbpx

ラバナ洞窟–エラ

説明

ラバナ洞窟はエラの街から約2kmのところにあります。それはかなり小さな洞窟で、幅約50フィート、長さ150フィート、高さ60フィートをカバーしています。クロニクルによれば、ラワナ王は洞窟を使ってシーター王女を守っています。
洞窟は海抜1,370mの丘の底にあり、歴史的に重要なスリランカで最も魅力的な観光名所の1つです。
ラワナ王がシーター姫を守るためにそれを使ったという話があります。バンダラウェラの同和岩寺の洞窟にも併設されています。考古学的な発見は、紀元前2万年にさかのぼる人間の頭蓋骨を保持しています。
これらのトンネルは、ラーヴァナ王の建築の輝きによって不確実性を超えていることを示しています。トンネルは、山を通る輸送の迅速な中間点として、また隠れた道として機能しました。人々はすべての重要な町、空港、酪農場をネットワークでつなぎました。これらのトンネルを注意深く観察すると、それらは人工的なものであり、自然の層ではないことがわかります。

詳細を読む

守りの要塞

物語によれば、強力で神話上の支配者であるラーヴァナ王は、ラーマ卿の配偶者であるシータ王女を守るために安全な聖域を探しました。洞窟は、雄大な自然と周囲の険しい地形によって守られた安全な隠れ家でした。この愛、勇気、立ち直りの物語は、時が止まった歴史の一部を目撃するために洞窟に集まる多くの訪問者の心を捉えています。

同和岩寺とのつながり

ラーヴァナ洞窟は、バンダラウェラのドワ石窟寺院とつながっているため、その魅力はさらに高まります。このつながりにより、この洞窟の歴史的重要性が深まり、古代文明の宗教的実践や儀式を垣間見ることができます。洞窟を囲む霊的なオーラがその魅力を高め、歴史愛好家と信者の両方を惹きつけます。

考古学的発見物の発掘

考古学的探査によりラーヴァナ洞窟内で魅力的な遺物が発掘され、その古代の起源がさらに証明されました。発見の中には紀元前2万年に遡る人間の頭蓋骨も含まれており、遠い過去との具体的なつながりを示している。これらの発見は、この地域の歴史についての理解を深め、計り知れない価値のある考古学的遺跡としての洞窟の重要性を浮き彫りにします。

建築の素晴らしさの驚異

ラーヴァナ洞窟は、ラーヴァナ王の時代の建築の輝きを証明しています。洞窟内のトンネルには、驚くべきレベルの職人技と工学技術が見られます。これらのトンネルは山間を迅速に移動する手段として機能すると同時に、戦略的な移動のための隠れた通路としても機能しました。これらは重要な町、空港、酪農場を相互接続し、古代文明の高度なインフラストラクチャを示していました。

トンネルを詳しく見る

詳しく調べると、トンネルは自然の造形物ではなく、人工的に造られたものであることが明らかになります。岩だらけの地形に正確に彫られた建物は、当時の建築家の技術と知識を物語っています。トンネルのネットワークは、当時の驚異である効率的な移動とコミュニケーションを促進する複雑なシステムを示唆しています。

今日はラーヴァナ洞窟を体験

今日ラーヴァナ洞窟を訪れることは、時間を遡る旅です。観光客がその部屋を探索すると、古代スリランカ文明の創意工夫に畏敬の念を抱かずにはいられません。洞窟の自然の美しさと歴史的重要性は、中に入る人すべてに忘れられない印象を残します。

ラーヴァナ洞窟は地質学的驚異であり、スリランカの文化遺産の豊かなタペストリーの証です。伝説のラーヴァナ王とシーター王女との結びつきが、想像力を魅了する神秘的な要素を加えています。訪問者は人工トンネルや考古学的遺跡を探索し、壮大さと革新に満ちた過ぎ去った時代にタイムスリップします。

よくある質問

1. ラーヴァナ洞窟はすべての訪問者がアクセスできますか?

はい、ラーヴァナ洞窟はすべての訪問者に開かれており、簡単にアクセスできます。

2. 洞窟探検に利用できるガイド付きツアーはありますか?

洞窟を探索し、知識豊富なガイドからその歴史について学びたい訪問者は、ガイド付きツアーを利用できます。

3. ラーヴァナ洞窟の近くの観光スポットは何ですか?

ラーヴァナ滝とエラ ロックは、洞窟を訪れた後に訪れることができる近くの観光スポットです。

4. 洞窟内で写真撮影はできますか?

洞窟内は写真撮影が許可されており、訪問者はその美しさと歴史を写真に収めることをお勧めします。

5 ラーヴァナ洞窟の入場料はかかりますか?

洞窟の敷地内に入るわずかな入場料は、その維持と保存に貢献しています。

レビュー

レビューを送信する

レビューに返信する

ホテルの予約

ブッキングドットコム

活動

リスティングレポートを送信する

あなたはすでにこのリストを報告しました

レポートは正常に送信されました

予定

 

 / 

ログイン

メッセージを送る

私のお気に入り

申し込みフォーム

クレームビジネス

共有