fbpx

 フォックスヒルスーパークロス 2024

待望の第 28 回フォックスヒル スーパークロスは、2024 年 4 月 21 日に歴史あるディヤタラワ フォックスヒル レース トラックでレース界を席巻する予定です。このイベントは、5 年間の休止期間を経ての有意義な復活を記念し、200 名を超える国内外の競技者がアドレナリン全開の 26 のレース イベントで熱戦を繰り広げる忘れられないショーとなることが約束されています。スキル、スピード、スピリットのスリリングな展示の舞台は整い、一生続く思い出を生み出すことになります。

メディアの話題と期待

この壮大なレースイベントの準備として、昨日(3月28日)コロンボでメディアカンファレンスが開催された。スリランカ陸軍士官学校(SLMA)の尊敬される司令官であるMTIマハレカム少将が会議の議長を務める。 SLAS 会長アッシャー・ハメーンを含む著名な人々が、寛大なスポンサーや印刷メディアおよび電子メディアの代表者の活発なコミュニティとともに出席します。この集会は、フォックスヒル・スーパークロスに対する集団的な興奮と支援を強調し、スリランカのスポーツカレンダーにおけるその重要性を強調しています。

歴史の足跡: フォックス ヒルの遺産

フォックス ヒルの起源は、そこで開催されるイベントと同じくらい魅力的です。イギリス植民地時代、当時セイロンとして知られていたスリランカは、南アフリカのボーア戦争から移送された捕虜の意図せぬ受け入れ地となった。 HMS FOX は修理のためスリランカに頻繁に停泊する船で、捕虜とディヤタラワの風景に永遠に残る伝統をもたらしました。

1913 年、HMS FOX の船長と乗組員はディヤタラワの美しさに魅了され、この訪問を不滅の思い出にしようと決意しました。ボーア戦争捕虜の協力を得て、彼らは目立つ丘の上にキツネと船の名前を描いた像を建てました。この追悼の気持ちから「フォックス ヒル」という名前が生まれました。この場所は現在、歴史、友情、冒険精神の証となっています。

勝利の軌跡

伝説的なフォックス ヒルの隣には、スリランカ陸軍士官学校によって維持されているエンジニアリングとデザインの驚異であるフォックス ヒル スーパークロス トラックがあります。このトラックはレーサーにとって挑戦的な地形を提供し、回復力、強さ、卓越性の追求の象徴として立っています。ここではドライバーとライダーが自らの気概を試し、マシンとスピリットの限界に挑戦して覇権を追求します。

粘り強さへの賛辞

フォックス ヒル スーパークロスは単なるレース イベントではありません。それは歴史、英雄行為、そして容赦ない人間の精神を讃えます。ディヤタラワの歴史的なコースでエンジンを回転させるレーサーは、ただ栄光を求めて競争しているだけではありません。それらは1世紀以上にわたる遺産の一部です。第 28 回フォックス ヒル スーパークロスでは、愛好家も初心者も同様に過去と現在の融合を目撃することができます。すべてのターンが物語であり、すべての勝利がフォックス ヒルの不朽の魅力への賛辞です。

フォックス ヒル スーパークロス 2024 でスポットを確保しましょう

さまざまなチケット オプションが用意されているため、あらゆるレース愛好家にぴったりのチケットが見つかります。ユニークな特典を備えた独占的な体験、競技者と交流するチャンス、レースの素晴らしい眺め、または活気に満ちた雰囲気に浸りたい場合でも、フォックス ヒル スーパークロスはあなたをサポートします。

チケットを選択してください:

限定チケット (Rs 5000): エクスペリエンスをさらに高めるために、プレミアムな景色、フォックス ヒル キャップ、スナック パック、限定ビールをお楽しみください。

パドック ヒル チケット (Rs 3500): 競合他社に近づき、自分の車の駐車スペースを確保してください (空き状況に限りがあります)。

グランドスタンドチケット (Rs 2000): レースを鳥の目で見ながら、ユニークな視点からあらゆる瞬間を捉えましょう。

一般チケット (Rs 200): 手頃な価格でイベントのスリリングなレースに参加して、興奮を味わいましょう。

今予約する: 一年で最も期待されるレース イベントの 1 つへの参加をお待ちください。訪問 チケット.lk 今すぐチケットを購入してください。熱狂的なレースファンでも、楽しくてエキサイティングな一日を過ごしたい方でも、フォックス ヒル スーパークロス 2024 はぜひ参加したいイベントです。今すぐチケットを予約して、フォックス ヒル スーパークロスでの忘れられない冒険に備えましょう。

Ravindu Dilshan Illangakoon 氏は、Sri Lanka Travel Pages の共同設立者兼コンテンツ責任者として活躍しており、Web 開発と記事執筆を専門としています。
記事執筆者
ラヴィンドゥ・ディルシャン・イランガコーン
Sri Lanka Travel Pages の共同設立者兼コンテンツ責任者として、私たちが公開するすべてのブログ投稿が素晴らしいものとなるよう努めています。

ディヤタラワ近郊の観光スポット 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

 / 

サインイン

メッセージを送る

私のお気に入り

カウンターヒット ザンガ