fbpx

コネスヴァラム寺院–トリンコマリー

ティルコネスワラム寺院は、スリランカの古代寺院の1つです。 16世紀には、千本の柱があり、東南アジアで最も裕福な寺院の1つとして高く評価されていました。

ティルコネスワラム寺院は、スリランカの古代寺院の1つです。 16世紀には、千本の柱があり、東南アジアで最も裕福な寺院の1つとして高く評価されていました。千年以上もの間、大量の金、真珠、宝石、絹を所有していました。しかし、残念ながら、この寺院は1624年にポルトガル軍のコンスタンティン・デ・サ・デ・メンジーズ司令官によって取り壊され、瓦礫を使って要塞の砦を建設し、トリンコマリー港がライバルに倒れるのを防ぎました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

 / 

サインイン

メッセージを送る

私のお気に入り

カウンターヒット ザンガ